随筆日記抄  下巻

鴻巣盛広 等編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 雲萍雜志 柳澤淇園
  • 正念坊の一枚起請 / 1
  • 秋篠與平 / 3
  • 常陸の國風 / 7
  • ささ蟹の蛛 / 7
  • 江戸下谷高岸寺 / 8
  • 毘沙門山 / 10
  • 東海道濱松 / 15
  • おもしろの春雨や / 18
  • 人の信は / 18
  • 餓鬼に附かれし人 / 20
  • 狸の腹つづみ / 21
  • 岡部日記 賀茂眞淵
  • 後の七月の門出 / 23
  • 品川のうまや / 24
  • 六郷の渡 / 25
  • 箱根の關 / 27
  • 蒲原のすく / 30
  • 薩埵山 / 31
  • 清見潟 / 32
  • さやの中山 / 34
  • ことのままの社 / 35
  • 岡部の家 / 36
  • 高松山の手向 / 38
  • 慰めのこと草 / 39
  • 濱名の橋 / 40
  • 京よりの文 / 45
  • 亡き妻の墓 / 47
  • 賀茂の氏神 / 48
  • 人やりならぬ別路 / 50
  • 山田のくろにおくかび / 53
  • 夕日の富士 / 55
  • 大君のとほのみやこ / 57
  • おもひ草 本居宣長
  • おもひ草は / 59
  • 有明の頃 / 61
  • ふつつかに太り過ぎたる / 62
  • 心地例ならず惱みゐて / 63
  • あらあらしう吹きしをりし / 64
  • 盃出して / 66
  • いふかひなく年よりて / 68
  • 世ばなれ物すごき / 69
  • 女はおほかた / 70
  • 鼻よりふと煙の / 71
  • やにといふものの / 72
  • 月の前花の下 / 74
  • 旅人の行きかふ道 / 75
  • 春の末つ方 / 75
  • 消えぬる捨てむとて / 77
  • 朝まだき霜夜のなごり / 78
  • 火のいく旅も消えたる / 79
  • 秋山の記 上田秋成
  • 門出 / 81
  • 須磨の浦傳ひ / 83
  • 源氏物語は益なき文 / 83
  • 大藏谷 / 87
  • 曾根崎社前の手力男 / 88
  • 西光寺野の花 / 90
  • 辻川 / 91
  • 館 / 92
  • 粟賀の露金 / 93
  • 城崎の宿 / 95
  • ひたやどもりの君 / 96
  • わたくし雨 / 100
  • 雪の白濱 / 101
  • 笹の浦 / 104
  • 大口の眞神 / 105
  • 産土神の神諫 / 114
  • 久美の入江 / 115
  • 天の橋立 / 116
  • 豐受の大神 / 120
  • 吉見の竹田 / 121
  • 氷上の黒井 / 122
  • 琴後集 村田春海
  • 燒畫の記 / 123
  • 山水のかたかける繪を見る記 / 125
  • 春の山ぶみ / 128
  • 花を惜しむ記 / 133
  • 秋の山ぶみ / 135
  • 初鴈をきく記 / 140
  • のこりの菊をめづる記 / 143
  • 雪をめづる記 / 145
  • 河づらなる家に郭公を聞くといふ事を題にて物語ぶみの樣にならへる文 / 148
  • 月花のあはれをことわることば / 151
  • 祭芳宜園大人墓文 / 154
  • 年々隨筆 石原正明
  • あなあはれ / 158
  • 清少納言が枕草子 / 165
  • 古き冡を發く事 / 166
  • 文身にて狐のおちし話 / 167
  • 虎のひまん / 171
  • はしかといふえやみ / 175
  • 初春のけしき / 178
  • 甲子のわざはひ / 180
  • 都の手ぶり 石川雅望
  • 兩國の橋 / 185
  • ばくろの町 / 195
  • やくし堂 / 204

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 随筆日記抄
著作者等 鴻巣 盛広
書名ヨミ ズイヒツ ニッキ ショウ
巻冊次 下巻
出版元 裳華房
刊行年月 大正12
ページ数 208p
大きさ 20cm
全国書誌番号
42015829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想