面白い日本大人物のお話  岩倉右大臣と薩藩

中村徳五郎 著 ; 内田忠一 画

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一、 麒麟兒堀河周丸の岩倉具視 / 1
  • 二、 具瞻と具視で先生を困らす / 3
  • 三、 竹米の餅と備荒儲蓄 / 7
  • 四、 歌道に言寄せ公卿の弊風を矯む / 10
  • 五、 眼光人を射て辯舌流るるが如し / 14
  • 六、 羸ち獲たり侍從の御爪點 / 18
  • 七、 具視の決死と堂上八十八人の參列 / 20
  • 八、 神州萬歳策の奏上 / 23
  • 九、 三呆三根と黄金の光り / 27
  • 一〇、 能樂天覽可否の兩論 / 30
  • 一一、 幕府の鼻藥 / 34
  • 一二、 畏れ多くも供御の御匱乏(其の一) / 36
  • 一三、 畏れ多くも供御の御匱乏(其の二) / 39
  • 一四、 觀相の奇き的中(其の一) / 42
  • 一五、 觀相の奇き的中(其の二) / 45
  • 一六、 和宮降嫁御聽許内决の眞相 / 47
  • 一七、 權關白、髭和尚、守宮と三頭女房 / 51
  • 一八、 將軍家茂自筆の誓書 / 52
  • 一九、 長人永井雅樂薩人堀次郎と具視 / 56
  • 二〇、 妍朝臣と鵺卿と勅使と / 59
  • 二一、 三事策と左中將 / 61
  • 二二、 三條蹴上の弓屋の相談 / 64
  • 二三、 四奸兩嬪 / 66
  • 二四、 十三卿連署の彈劾 / 68
  • 二五、 免官、蟄居、落飾 / 71
  • 二六、 無名の投書 / 73
  • 二七、 西加茂靈源寺への潜行 / 76
  • 二八、 岡崎永陽庵の黒焦げの飯 / 79
  • 二九、 葉室西芳寺に於ける木炭挽き / 81
  • 三〇、 岩倉村の幽居 / 83
  • 三一、 岩倉本邸への左腕一本 / 86
  • 三二、 岩倉入道の重謹愼 / 89
  • 三三、 厠隱れの岩倉入道 / 91
  • 三四、 鎭西に三條卿、洛北に岩倉卿あり / 93
  • 三五、 井上石見と叢裡鳴蟲 / 96
  • 三六、 全國合同策 / 99
  • 三七、 續全國合同策 / 103
  • 三八、 天下一新策 / 107
  • 三九、 天下の救濟は薩藩にあり / 111
  • 四〇、 泰西文明輸入の議 / 116
  • 四一、 孝明天皇崩御の悲歎 / 118
  • 四二、 復古の新政令と具視の忠誠識略 / 122
  • 四三、 車駕西狩の策 / 125
  • 四四、 烏丸光徳短刀を懷中にす / 128
  • 四五、 征討大號令の宣布 / 131
  • 四六、 刺客遂に具視に悦服す / 133
  • 四七、 君徳培養の建言 / 137
  • 四八、 時務七事の建言 / 141
  • 四九、 越中島練兵の親閲 / 145
  • 五〇、 具視勅命を奉じて鹿兒島に向ふ / 147
  • 五一、 右大臣と特命全權大使と / 149
  • 五二、 外國に於ける元旦 / 152
  • 五三、 朝鮮への使節問題 / 154
  • 五四、 具視と隆盛の論爭 / 157
  • 五五、 内閣の動搖 / 160
  • 五六、 岩倉右大臣克く踏張つた / 163
  • 五七、 赤坂喰違の遭難(其の一) / 167
  • 五八、 赤坂喰違の遭難(其の二) / 169
  • 五九、 三大臣同心協力の議(其の一) / 172
  • 六〇、 三大臣同心協力の議(其の二) / 174
  • 六一、 新意匠の團扇 / 178
  • 六二、 奧羽御巡幸の供奉 / 180
  • 六三、 岩倉村の招宴 / 183
  • 六四、 玉石を混同するなかれ / 185
  • 六五、 新撰旅團の編成 / 187
  • 六六、 日本鐵道會社の創設 / 190
  • 六七、 土地所有名稱の更定意見 / 192
  • 六八、 海軍擴張意見 / 197
  • 六九、 府縣會中止の意見 / 200
  • 七〇、 京都皇居保存の議 / 202
  • 七一、 嵐山櫻楓會の設立 / 206

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 面白い日本大人物のお話
著作者等 中村 徳五郎
内田 忠一
書名ヨミ オモシロイ ニホン ダイジンブツ ノ オハナシ
巻冊次 岩倉右大臣と薩藩
出版元 石塚松雲堂
刊行年月 大正12
ページ数 3冊
大きさ 18cm
全国書誌番号
42015023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想