鬼哭繚乱

宮緒葵 著 ; 嵩梨ナオト 挿絵

小さな村で守り神として崇められる桜の精霊・清音は、矢傷を負った国主の曉景を助けた。ところが、その愛情深さに魅了されて執着を募らせた曉景は、村人達を人質に取って清音を犯し、城へ攫ってしまう。まるで己の想いを孕ませるかのように抱く曉景に、いつしか清音は、今まで知ることのなかった感情を覚え始める。だが国主の座を狙う曉景の義弟に、本体である桜を切り倒され…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼哭繚乱
著作者等 宮緒 葵
書名ヨミ キコク リョウラン
書名別名 Kikoku ryoran
シリーズ名 プラチナ文庫
出版元 フランス書院
プランタン
刊行年月 2012.8
ページ数 264p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8296-2536-1
全国書誌番号
22112556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想