昭和史  下 (1945-89)

中村隆英 著

武装を好まぬ「経済大国」はいかに育まれ、ピークを迎えたのか。敗戦後の息詰まる外交、めざましい経済復興、続く国際化の時代。政治・経済・社会・文化を複合的にとらえた現代史。第20回大佛次郎賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5章 占領・民主化・復興(占領の開始
  • 戦後の政治と社会
  • 戦後復興と占領政策の転換
  • 朝鮮戦争とサンフランシスコ調印)
  • 第6章 「もはや戦後ではない」(吉田内閣の倒壊
  • 一九五〇年代前半の経済と社会
  • 一九五五年体制の成立
  • 第二党としての社会党
  • 高度成長の出発
  • 所得倍増)
  • 第7章 成長を通じての変貌(池田内閣後期
  • 佐藤の政治
  • 日常化した成長
  • 成長への反抗
  • ナショナリズムの変容と復活
  • 高度成長の終焉)
  • 第8章 「大国化」と「国際化」(世界のなかの日本
  • 自民党の内紛
  • 石油危機後の経済過程
  • 第二次石油危機と財政再建
  • 石油危機以後の社会
  • プラザ合意以後
  • 戦後史をふりかえって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和史
著作者等 中村 隆英
書名ヨミ ショウワシ
巻冊次 下 (1945-89)
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.8
ページ数 p485~897 27p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-492-06187-9
NCID BB09998028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想