過疎地の伝統芸能の再生を願って : 現代民俗芸能論

星野紘 著

少子高齢化や都会への人口流出による過疎化、限界集落化で極度の後継者難にあえぐ地域の伝統芸能をいかに継承し後世へ伝えるか-。同様の問題に直面する韓国や中国の取り組みとあわせ各地の現状とその苦闘を紹介しつつ今後の対策、課題を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 過疎地の伝統芸能の再生を願って-現代民俗芸能論
  • 第1章 芸能のはじまり、面白さの表現など
  • 第2章 地域の伝統芸能論
  • 第3章 地域の伝統芸能の後継者不足と対応方策
  • 第4章 韓国、中国の地域における伝統芸能の衰退と無形文化遺産保護
  • 第5章 日本の歌のはじまりと踊りの昔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過疎地の伝統芸能の再生を願って : 現代民俗芸能論
著作者等 星野 紘
書名ヨミ カソチ ノ デントウ ゲイノウ ノ サイセイ オ ネガッテ : ゲンダイ ミンゾク ゲイノウロン
書名別名 Kasochi no dento geino no saisei o negatte
出版元 国書刊行会
刊行年月 2012.7
ページ数 266p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-336-05478-4
NCID BB09932267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想