〈フランス〉の誕生 : 16世紀における心性のありかた

高橋薫 著

ルネサンス後期のフランスの庶民、王侯貴族、文学者などの心性を、ロンサール、モンクレチアン、フェビュス、オリヴィエなどの作品をひきつつ動乱の時代を生きたひとびとの日々を暮し方から考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アイデンティティの模索(十六世紀フランス短話集に見られる他郷との接触について
  • ロンサール・自然・フランス)
  • 第2部 王権の発見(十六世紀フランス人文主義悲劇に見られる君主像とその周辺-ラザール・ド・バイフからアントワーヌ・ド・モンクレチアンにいたる
  • 鹿の軛脚を王に捧げる-偽式とならなかった儀式)
  • 第3部 信と不信の間で(「迷信」妄想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈フランス〉の誕生 : 16世紀における心性のありかた
著作者等 高橋 薫
書名ヨミ フランス ノ タンジョウ : ジュウロクセイキ ニ オケル シンセイ ノ アリカタ
書名別名 Furansu no tanjo
出版元 水声社
刊行年月 2012.7
ページ数 572p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89176-891-1
NCID BB09879878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22131882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想