无明行路 : 怪談真暗草子

久田樹生 著

「こんな話聞いたんですよ…」ある人から聞いた怖い話。その話の元を追っていくうちに著者は果てしない恐怖とタブーに飲み込まれていく。手繰り寄せるは地獄の糸かそれとも…。よく耳にする「友達から聞いた」「知り合いに聞いた」というのが本当に「友達や知り合い」であることは少ない。伝聞怪談において、「友達」は「友達の友達のそのまた友達」ぐらいの曖昧模糊とした存在であることが大多数であろう。話自体も、一の真実に百の尾鰭がつき、まったく別物になっていることは想像にかたくない。だが、そうした一見都市伝説じみた怪談の中に恐るべき"本物"が紛れていた。著者渾身の取材、伝聞の元を辿る地獄の道行きの終着点とは!?新感覚・実話怪談ルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 无明行路 : 怪談真暗草子
著作者等 久田 樹生
書名ヨミ ムミョウ コウロ : カイダン マクラノソウシ
シリーズ名 竹書房文庫 HO-140
出版元 竹書房
刊行年月 2012.8
ページ数 223p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-9009-9
全国書誌番号
22124808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想