筑後騒動八百八猫大活動  後編

浮世亭夢丸 演

前編の書名: 筑後騒動八百八猫

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 忽ち大猫と變つて了つた / 1
  • 武士の情で暫く猶餘 / 8
  • 怖ろしいのは女だ / 12
  • あはよくばお家横領 / 17
  • 命ばかりは助けて呉れ / 22
  • 長脇差をズラリ / 26
  • 二人の命は風前の燈火 / 32
  • 猫は咽喉笛を咬み切つた / 37
  • 身の毛の慄立つやうな美人 / 42
  • 恨みは必ず晴します / 48
  • 銚子がブンブン飛び廻る / 52
  • 眞つ裸で踊リ出した / 57
  • ズドンと脆くも肱鉄砲 / 61
  • 男の生首を咬へて來た / 65
  • 不埒極まる奴輩かな / 72
  • 何だか急に胸騷ぎ / 77
  • 市助を凌つた怪猫は空中へ / 83
  • 腹を割いて子を刺し殺した / 89
  • 貴樣達のやうな蛆虫ども / 94
  • ウワツ痛ツ何奴ぢや / 99
  • 朝飯前のお茶の子だ / 103
  • 嘲弄はせぬが馬鹿にしてゐる / 108
  • 金平糖見たいに瘤で凸凹 / 112
  • 五六十の首が夜半にゴロゴロ / 118
  • ウム殊勝な奴ぢや / 123
  • 猫の化け物だな / 133
  • 態藏の鼻に咬み付いた / 137
  • 天井には人間の生首 / 142
  • 飛んだ櫻の花だ / 148
  • うまく道具に使つてやろう / 153
  • 青齋こそ宜い面の皮だ / 159
  • 一番逃げの方だろう / 163
  • 扨ては妖怪よな / 169
  • 百代の腹を喰い破つた / 173
  • 親子四人が猫に喰ひ殺さる / 179
  • 五百人の同勢で猫退治 / 183
  • ウワツと云ふ鯨波の聲 / 188
  • 怪猫奴邪魔致すかツ / 194
  • 兵部少輔の死骸を猫に凌はる / 198

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 筑後騒動八百八猫大活動
著作者等 浮世亭 夢丸
浮世亭夢丸 演
書名ヨミ チクゴ ソウドウ 808 ネコ ダイカツドウ
巻冊次 後編
出版元 樋口隆文館
刊行年月 大正7
ページ数 2冊 (前212, 後編201p)
大きさ 19cm
全国書誌番号
42013598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想