封印された「放射能」の恐怖 : フクシマ事故で何人がガンになるのか

クリス・バズビー 著 ; 飯塚真紀子 訳

東京の中枢の住居から11万ベクレルのセシウムを検出。日本での警鐘の盲点「沿海圏」の汚染予測。地球の裏側から届いた「うやむやの福島第一原発事故総括、なし崩しの原発再稼動」への怒りのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人類を絶滅させないために
  • 第1章 放射線被曝はどう捉えられてきたか
  • 第2章 放射線と癌
  • 第3章 福島第一原発事故
  • 第4章 放射線の健康への影響
  • 第5章 福島事故で起きる本当のこと-ECRRの最新報告
  • 第6章 少しでも被曝しないためには
  • 第7章 反原発派を陥れるブラック・オペレーション
  • 終章 カタストロフィー(終末的惨劇)から立ち上がるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 封印された「放射能」の恐怖 : フクシマ事故で何人がガンになるのか
著作者等 Busby, Chris
飯塚 真紀子
Busby Christopher
バズビー クリス
書名ヨミ フウイン サレタ ホウシャノウ ノ キョウフ : フクシマ ジコ デ ナンニン ガ ガン ニ ナル ノカ
書名別名 Fuin sareta hoshano no kyofu
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-217791-7
NCID BB10136349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想