易と日本人 : その歴史と思想

服部龍太郎 著

易は今も日本人の生活に、目に見えてあるいは見えない形で様々な影響を及ぼしている。占いとしてだけではなくその根本の思想に着目し、易の誕生から現代までの変遷を『易経』を中心に解説した名著の復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 易はどこからきたか
  • 易の成り立ち
  • 中国人の思想に及ぼした易の影響
  • 古典の中の王とされる『易経』
  • 『易経』の思想と考え方
  • 筮法と易断
  • 五行易の見方と考え方
  • 日本のうらない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 易と日本人 : その歴史と思想
著作者等 服部 竜太郎
書名ヨミ エキ ト ニホンジン : ソノ レキシ ト シソウ
書名別名 Eki to nihonjin
シリーズ名 生活文化史選書
出版元 雄山閣
刊行年月 2012.7
版表示 復刊
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-639-02243-5
NCID BB10004960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想