石牟礼道子全集・不知火 = The Complete Works of Ishimure Michiko  第17巻 (詩人・高群逸枝)

石牟礼道子 著

[目次]

  • 1 最後の人(森の家
  • 残像
  • 霊の恋
  • 鏡としての死)
  • 補 森の家日記(「最後の人」覚え書-橋本憲三氏の死
  • 朱をつける人-森の家と橋本憲三)
  • 2 関連エッセイ(高群全集に思う
  • 高群逸枝のまなざし ほか)
  • 3 エッセイ/講演/対談2001‐2002(舞い猫
  • 猫ポケット ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石牟礼道子全集・不知火 = The Complete Works of Ishimure Michiko
著作者等 石牟礼 道子
書名ヨミ イシムレ ミチコ ゼンシュウ シラヌイ
書名別名 The Complete Works of Ishimure Michiko

Ishimure michiko zenshu shiranui
巻冊次 第17巻 (詩人・高群逸枝)
出版元 藤原書店
刊行年月 2012.7
ページ数 599p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-89434-857-8
NCID BA67276599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「最後の人」覚え書 石牟礼 道子
『高群逸枝雑誌』終刊号「編集室メモ」より 石牟礼 道子
お国のために 石牟礼 道子
お寺のまわり 石牟礼 道子
お父さんのベレー帽 石牟礼 道子
この世の名残りに花の見えて 石牟礼 道子
ご命日 石牟礼 道子
ところの顔 石牟礼 道子
らいてうさん・逸枝さん 石牟礼 道子
ヨダという犬 石牟礼 道子
下駄や鉄鍋がぷかぷか 石牟礼 道子
二〇〇一年度朝日賞受賞謝辞 石牟礼 道子
人格みな可憐 石牟礼 道子
人類全体が「制度疲労」を起こしている? 若林一美
内なる灯 石牟礼 道子
北薩摩山野線 石牟礼 道子
命の根源音の根源 大倉正之助
咽喉を撫でられる黒猫 石牟礼 道子
地面のしめった秋の日に 石牟礼 道子
塞の神 石牟礼 道子
夢の中のノート 石牟礼 道子
女性の中の原宗教 石牟礼 道子
妻という芸術家 石牟礼 道子
弱者の連帯に寄り添う 石牟礼 道子
日月の愁い 石牟礼 道子
日本がなくした「見えないもの」 本橋成一
早苗田が匂う 石牟礼 道子
最後の人 石牟礼 道子
月光の背中 石牟礼 道子
月夜の祈り 石牟礼 道子
有明の海に大地の腐臭が 石牟礼 道子
木戸銭はからいも 石牟礼 道子
本能としての詩・そのエロス 石牟礼 道子
朱をつける人 石牟礼 道子
森の家日記 石牟礼 道子
樹の中の川 石牟礼 道子
橋本憲三先生の死 石牟礼 道子
正体のわからぬ女たちが来て 石牟礼 道子
歴史の呼び声 石牟礼 道子
気品高い生きものの母 石牟礼 道子
水俣病患者の「深か祈り」 石牟礼 道子
河童おとし 石牟礼 道子
泣きなが原 石牟礼 道子
灘の酒樽 石牟礼 道子
猫ポケット 石牟礼 道子
猫ロボットの家出 石牟礼 道子
生命の海・水俣 石牟礼 道子
紅葉を想う 石牟礼 道子
舞い猫 石牟礼 道子
花扇の影 石牟礼 道子
表現の呪力 石牟礼 道子
解説「詩の母系」 臼井隆一郎
赤子の記憶 石牟礼 道子
踊り足の黒鞄 石牟礼 道子
風土と学問と詩と 石牟礼 道子
高群全集に思う 石牟礼 道子
高群逸枝のまなざし 石牟礼 道子
高群逸枝全詩集『日月の上に』 石牟礼 道子
髪結いさん 石牟礼 道子
魂の灯りをつないで 石牟礼 道子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想