キスカ島奇跡の撤退 : 木村昌福中将の生涯

将口泰浩 著

昭和18年、壮絶な玉砕で知られるアッツ島の隣島キスカからの撤退は、完璧に成し遂げられた。陸海軍将兵5183名の全てを敵包囲下から救出したのだ。指揮を執ったのは、木村昌福。海軍兵学校卒業時の席次はかなりの下位。だが、将たる器とユーモアをそなえ、厚く信頼された男だった。彼の生涯と米軍に「パーフェクトゲーム」と言わしめた撤退作戦を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大人の風格
  • 第2章 海軍士官
  • 第3章 水雷屋
  • 第4章 開戦
  • 第5章 キスカ、アッツ占領
  • 第6章 アッツ島玉砕
  • 第7章 第八十一号作戦
  • 第8章 第一次撤退作戦
  • 第9章 第二次撤退作戦
  • 第10章 敗戦
  • 第11章 倚塩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キスカ島奇跡の撤退 : 木村昌福中将の生涯
著作者等 将口 泰浩
書名ヨミ キスカトウ キセキ ノ テッタイ : キムラ マサトミ チュウジョウ ノ ショウガイ
書名別名 Kisukato kiseki no tettai
シリーズ名 新潮文庫 し-75-1
出版元 新潮社
刊行年月 2012.8
ページ数 305p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-138411-5
NCID BB09868576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想