現代民主主義の再検討

日本比較政治学会【編】

民主主義体制が世界的に普及しつつある今日、現在の政治体制は期待された機能を果たしているのか。民主主義の「質」を分けるものは何か。この問題に本書は多様なアプローチで挑戦する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 改めて問われる民主主義の「質」
  • 1 アフリカにおける「民主化」経験と政治体制評価の新課題
  • 2 ポスト社会主義圏における民主主義の質-体制転換後の分岐の規定要因に関する計量分析
  • 3 官僚制と民主制-数理モデルと計量分析による多数国比較を通じて
  • 4 台湾における政権交代と検察制度の独立性
  • 5 「優位政党」の盛衰と公的資源配分-多国間比較分析からみた集票効果の規定要因
  • 6 代議制民主主義の機能に関する計量分析-日本を事例として
  • 7 民主主義の質と国際的関与の関係
  • 8 国民主権主義と自由主義-マレーシアにおける競争的権威主義体制の成立と持続
  • 9 弱者と民主主義-インド民主主義60年の実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代民主主義の再検討
著作者等 中溝 和弥
久保 慶一
小林 良彰
日本比較政治学会
曽我 謙悟
杉浦 功一
松本 充豊
遠藤 貢
鈴木 絢女
鷲田 任邦
書名ヨミ ゲンダイ ミンシュ シュギ ノ サイケントウ
書名別名 Gendai minshu shugi no saikento
シリーズ名 日本比較政治学会年報 / 日本比較政治学会 編 第14号
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.7
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06384-0
NCID BB09858470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想