江木法相の憲法違犯論 : 解説

小久江美代吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一、 民有宅地一割の所有權侵害は重大なる憲法違犯 / 1
  • (帝國議會に於ける現司法大臣江木翼君の憲法違犯論、貴族院速記録より轉載) / 3
  • 二、 公益の爲め區劃整理を施行し得べき法律の根據なし / 12
  • 三、 民有宅地を無償沒收せんが爲めに區劃整理は強行せらる / 13
  • 四、 憲法には私益の爲めに所有權を侵さるる事なきを規定す / 15
  • 五、 賠償なくして所有權を沒收せらるるは世界に類例なし / 18
  • 六、 受益金は受益金徴集の制度を以て賦課することを要す / 22
  • 七、 受益金は正確なる受益の事實に基きて賦課せざるべからず / 24
  • 八、 一割沒收以外に更に何程の受益金を賦課せらるるか不明なりといふ不安あり / 29
  • 九、 都市計畫法第六條を以て憲法第廿七條を相殺破壞することを許さず / 33
  • 一〇、 當然擡頭すべき一割取戻し運動と其の前途 / 35
  • 一一、 沒收されたる土地取戻し運動に成功したる前例解説 / 39
  • 附録
  • 東京市會に於ける區劃整理制度改善運動 / 43

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 江木法相の憲法違犯論 : 解説
著作者等 小久江 美代吉
書名ヨミ エギ ホウショウ ノ ケンポウ イハン ロン : カイセツ
書名別名 Egi hosho no kenpo ihan ron
シリーズ名 区画整理改善要求叢書
出版元 星鳳社
刊行年月 大正15
ページ数 53p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42013825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想