ウィトゲンシュタインの誤診 : 『青色本』を掘り崩す

永井均 著

沈黙の前に言語の壁を言語で超える"思考"の格闘技。ウィトゲンシュタインを批判的に超えて哲学の可能性を探究する永井哲学ワールド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学における達成とは
  • 私的体験が素材となって実在が構成されていると言いたい誘惑
  • 語は対立項なしには使われえないか
  • ただ私自身の体験だけが実在すると言いたい誘惑
  • だが他人も「まったく同じこと」が言える
  • 世界の素材としてのエーテル状の私的体験
  • ウィトゲンシュタイン的独我論
  • ウィトゲンシュタイン的独我論の永井的拡張(付・コウモリだったらどんなかな)
  • 私と世界をつなぐすべての出発点
  • 「自分の感覚を記述するのに回り道をせざるをえない」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタインの誤診 : 『青色本』を掘り崩す
著作者等 永井 均
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ノ ゴシン : アオイロボン オ ホリクズス
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2012.8
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0671-0
NCID BB09892355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想