平清盛  3

藤本有紀 作 ; 青木邦子 ノベライズ

保元の乱でその力を世に知らしめた清盛は、1159(平治元)年、信西暗殺に端を発した争乱「平治の乱」で盟友・源義朝と太刀を交えた。勝利した清盛は、武士として初めて公卿となり宿願を果たす。太政大臣までのぼりつめた清盛だが、古い政治体質に失望し、わずか百日で辞職。出家後、福原に移り住み、宋との交易を中心とした理想の都づくりをはじめる。NHK大河ドラマ完全小説版シリーズ第3巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平清盛
著作者等 藤本 有紀
青木 邦子
書名ヨミ タイラノ キヨモリ
書名別名 Tairano kiyomori
巻冊次 3
出版元 NHK
刊行年月 2012.7
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-005615-8
NCID BB07724338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想