決算早期化の実務マニュアル : 「経理の仕組み」で実現する

武田雄治 著

本書は、多くの会社が決算早期化を達成できない問題点を挙げ、どのような「経理の仕組み」を構築し、どのような決算業務を行うべきなのかを詳細に述べています。また、今後、IFRS(国際財務報告基準)を適用すると決算の工数が大幅に増える可能性があるため、IFRSに備えた決算早期化手法についても述べています。これまでの上場企業への監査の経験や、上場企業での経理実務の経験を活かし、決算早期化のコンサルティングを数多く手掛けてきた筆者のノウハウを公開します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 決算早期化の達成状況
  • 第2章 決算早期化を実現している会社の特徴
  • 第3章 決算早期化を達成できない原因と対策
  • 第4章 決算早期化を実現する経理の仕組み
  • 第5章 決算早期化を実現するアウトプット事例
  • 第6章 決算業務のマクドナルド化とIFRS対応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 決算早期化の実務マニュアル : 「経理の仕組み」で実現する
著作者等 武田 雄治
書名ヨミ ケッサン ソウキカ ノ ジツム マニュアル : ケイリ ノ シクミ デ ジツゲン スル
書名別名 Kessan sokika no jitsumu manyuaru
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.7
ページ数 218p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-45770-8
NCID BB10395008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想