平和構築における治安部門改革

上杉勇司, 藤重博美, 吉崎知典 編

内外の安全保障、国内の開発を射程に入れた紛争後国家再生の平和支援活動の工程表を展望した「治安部門改革」における理論と実践の矛盾を率直に語り、鋭い問題提起をおこないつつ平和構築を追求した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平和構築における治安部門改革
  • 第1部 SSRの理論的考察(SSRの概念整理と分析枠組み
  • 「安全保障」と「開発」の交錯点としてのSSR
  • 安全保障と開発援助の視点から見た二つのSSR
  • 安全保障の視点から見たSSR
  • 開発援助の視点から見たSSR)
  • 第2部 SSRの事例研究(旧ユーゴスラビア諸国
  • 東ティモール
  • モザンビーク
  • コンゴ民主共和国
  • アフガニスタン)
  • 理想像と現実の狭間で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和構築における治安部門改革
著作者等 上杉 勇司
吉崎 知典
藤重 博美
書名ヨミ ヘイワ コウチク ニ オケル チアン ブモン カイカク
書名別名 Heiwa kochiku ni okeru chian bumon kaikaku
出版元 国際書院
刊行年月 2012.8
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87791-231-4
NCID BB09775362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想