隠密家族 : 書下ろし

喜安幸夫 著

元禄年間、紀州藩徳川家の薬込役組頭・霧生院一林斎と妻・冴、娘・佳奈は江戸で"潜み(隠密)"の暮らしを始める。若君の源六を守るためだ。二代藩主・光貞の正室・安宮照子は、隠陽師・土御門家と繋がり、刺客を使って望まぬ光貞の子を闇に葬っていた。身分の低い妾腹の子・源六は命を狙われながらも国家老や一林斎らに守られ、紀州から江戸藩邸へと向かうのだが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠密家族 : 書下ろし
著作者等 喜安 幸夫
書名ヨミ オンミツ カゾク : カキオロシ
書名別名 Onmitsu kazoku
シリーズ名 祥伝社文庫 き19-1
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.7
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-33780-3
全国書誌番号
22118782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想