資本主義の限界と社会主義

社会主義理論学会 編

社会主義理論学会が総力をあげ、フクシマ3・11を踏まえて現代的な社会主義理論とエコロジーを接合、豊富な執筆者がいろいろな視点で現代の諸問題に正面から回答する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 資本主義の行き詰まり(「体制」変革の理論と実践
  • 証券化資本主義の破綻が招くドル基軸通貨体制の終焉
  • 近代社会と市民にかんする一般理論序説-新しい社会主義像を構想する手がかりをもとめて)
  • 第2部 中国の経験を振り返る(毛沢東、文化革命と文化の次元
  • 戦後日本の中国研究-日本現代中国学会を中心に)
  • 第3部 社会主義の新たな可能性(マルクス疎外論の射程-新たな社会主義構想のために
  • 労農派社会主義の原点と現在-山川均論を中心に
  • ベーシックインカムと資本主義、社会主義
  • リスクと決定から社会主義を語る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義の限界と社会主義
著作者等 社会主義理論学会
書名ヨミ シホン シュギ ノ ゲンカイ ト シャカイ シュギ
出版元 時潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7888-0675-7
NCID BB09979657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想