展開貿易論

小林通 著

ヒト・モノ・コト・カネが相互に結びつき、限りなく国境を越えて展開するグローバル時代に、いや、だからこそ貿易の現実となりたち、現代的課題までを包括的に考えるためのコンパクトな教科書。市民生活に大きな影響を与えると懸案されるTPP(環太平洋経済連携協定)を見据える上でも必携。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 貿易の意義と役割(貿易の必要性
  • 貿易の概念
  • 古典派の「国」の概念
  • 貿易の概念規定)
  • 第2章 貿易理論と貿易政策論(重商主義的貿易政策論
  • 古典派の貿易論
  • 保護貿易論
  • 近代的貿易論)
  • 第3章 貿易政策の諸問題(貿易政策の意義と変遷
  • 関税政策
  • 輸出入に関する貿易政策)
  • 第4章 外国為替(外国為替の意義と役割
  • 外国為替学説
  • 外国為替の種類
  • 外国為替相場
  • 外国為替市場)
  • 第5章 貿易取引の実際(輸出実務
  • 輸入実務
  • 貿易の取引条件)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 展開貿易論
著作者等 小林 通
書名ヨミ テンカイ ボウエキロン
出版元 時潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 153p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7888-0676-4
NCID BB09980372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想