子どもたちのいのちと未来のために学ぼう放射能の危険と人権

福島県教職員組合放射線教育対策委員会, 科学技術問題研究会 編著

[目次]

  • 第1章 「フクシマ」の「事実」を「事実」として、どう「学び」に活かせるか(「フクシマ」の現状
  • 「生きるための学び」を考える ほか)
  • 第2章 チェルノブイリ事故26年の経験-子どもたちの環境、健康と生活(「チェルノブイリ事故の教訓」を学ばず招いたフクシマ事故
  • 30km圏外の高汚染地から事故後5年経って移住 ほか)
  • 第3章 文科省の『放射線副読本』では、子どもたちの健康も未来も守れない(「低い放射線量は大丈夫」という教育の大問題
  • 放射線は、人の健康に悪影響をもたらす ほか)
  • 第4章 『放射線副読本』にだまされないための基礎知識(放射線と光の違い
  • 自然放射線と人工放射線 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもたちのいのちと未来のために学ぼう放射能の危険と人権
著作者等 福島県教職員組合
科学技術問題研究会
科学技術問題研究会 (1998年)
福島県教職員組合放射線教育対策委員会
福島県教職員組合放射線教育対策委員会科学技術問題研究会
書名ヨミ コドモタチ ノ イノチ ト ミライ ノ タメ ニ マナボウ ホウシャノウ ノ キケン ト ジンケン
書名別名 Kodomotachi no inochi to mirai no tame ni manabo hoshano no kiken to jinken
出版元 明石書店
刊行年月 2012.7
ページ数 91p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7503-3626-8
NCID BB0994616X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想