雲の都  第5部 (鎮魂の海)

加賀乙彦 著

悠太もいまや六十代半ば、娘・夏香は父親が神戸で町工場を経営する青年と結婚し、息子の悠助もプロのピアニストを目指し始める。ところが、阪神大震災と地下鉄サリン事件が二人の運命を大きく変える…。昭和初期から世紀末までの波乱の時代と一族の歴史を描く渾身の自伝的大河小説完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雲の都
著作者等 加賀 乙彦
書名ヨミ クモ ノ ミヤコ
巻冊次 第5部 (鎮魂の海)
出版元 新潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 424p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-330814-0
NCID BB1018971X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想