成人のADHDに対する認知行動療法

ラッセル・ラムゼイ, アンソニー・ロスタイン 著 ; 武田俊信, 坂野雄二 監訳 ; 武田俊信, 金澤潤一郎 訳

ADHDを抱えている成人の、日常の困難とその治療法、さらにはその治療法の根拠の検証と症例呈示、治療過程の問題点、治療終結後のサポートまでを順に追って説明する。また、ADHDの治療法として、認知行動療法と薬物療法を併用する際の具体例と役割の違いについて、事例を通して詳しく説明している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 成人期のADHD-その診断、症状、病因、評価
  • 第2章 治療モデル-成人期のADHDに対する認知行動療法と薬物療法
  • 第3章 成人期のADHDに対する認知行動療法と薬物療法の研究の概要
  • 第4章 事例検討
  • 第5章 治療を困難にする要因
  • 第6章 治療の継続とフォローアップ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成人のADHDに対する認知行動療法
著作者等 Ramsay, J. Russell
Rostain, Anthony L
坂野 雄二
武田 俊信
金澤 潤一郎
ロスタイン アンソニー
ラムゼイ ラッセル
書名ヨミ セイジン ノ エーディーエイチディー ニ タイスル ニンチ コウドウ リョウホウ
書名別名 Cognitive-Behavioral Therapy for Adult ADHD

Seijin no edieichidi ni taisuru ninchi kodo ryoho
出版元 金剛
刊行年月 2012.7
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7724-1259-9
NCID BB09988454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想