音を創る、音を聴く : 音楽の協同的生成

佐藤公治 著

意識と行為の心理学へ-。言葉にできないものをいかに伝えるか。西田幾多郎、ヴィゴツキーらの思想をたどりつつ、理性主義を越える行為論の視点から音楽を生成する実践のすがたを描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 協同による活動
  • 第1章 行為と表現行為-人間精神をみる視点
  • 第2章 行為から表現行為へ-表現は自己の内部と外部を創る
  • 第3章 音楽合奏の構造
  • 第4章 音楽合奏-聴くことと音楽表現
  • 第5章 協同による音楽づくり
  • 第6章 音楽合奏における創発性と慣習
  • 終章 「中間世界」の中の人間の活動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音を創る、音を聴く : 音楽の協同的生成
著作者等 佐藤 公治
書名ヨミ オト オ ツクル オト オ キク : オンガク ノ キョウドウテキ セイセイ
書名別名 Oto o tsukuru oto o kiku
出版元 新曜社
刊行年月 2012.7
ページ数 281,17p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1295-5
NCID BB09790865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想