日本思想史講座 = The Perikan History of Japanese Thought  2 (中世)

苅部直, 黒住真, 佐藤弘夫, 末木文美士, 田尻祐一郎 編集委員

膨大な寺院資料の発掘と悉皆調査、多様な学問分野の協力と新しい方法・知見の導入、東アジア海域交流下でのグローバリズムとナショナリズムの交錯-進展著しい中世思想研究の成果とその豊穣な世界観の提示。人間間の倫理・法体系の成立から死者や神仏など他者との領域まで新しい中世思想史の複合的展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 中世の思想
  • 中世日本の世界像
  • 中世の仏教思想
  • 法と歴史認識の展開
  • 武士の倫理と政治-中世の「道理」をめぐって
  • 無常観の形成-和歌の果たした役割
  • 文芸と芸能の思想-狂言綺語としての文芸・芸能
  • 禅林の思想と文化
  • 神道の形成と中世神話
  • 物語としての政治史-『太平記』を中心に
  • 戦国思想史論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本思想史講座 = The Perikan History of Japanese Thought
著作者等 佐藤 弘夫
末木 文美士
田尻 祐一郎
苅部 直
黒住 真
書名ヨミ ニホン シソウシ コウザ
書名別名 The Perikan History of Japanese Thought
巻冊次 2 (中世)
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2012.7
ページ数 405p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1330-4
NCID BB08998769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
もう一人の天皇 山本ひろ子
中世の仏教思想 蓑輪顕量
中世の思想 末木文美士
中世律宗と文化 松尾剛次
中世日本の世界像 阿部泰郎
北畠親房と中世神道説 白山芳太郎
戦国思想史論 大桑斉
文芸と芸能の思想 吉村均
日本に入ったインドの神々 彌永信美
武士の倫理と政治 菅野覚明
法と歴史認識の展開 新田一郎
法会 小峯和明
無常観の形成 平野多恵
物語としての政治史 兵藤裕己
神道の形成と中世神話 伊藤聡
禅林の思想と文化 和田有希子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想