キミは何のために勉強するのか : 試験勉強という名の知的冒険 2

富田一彦 著

勉強とは「抽象化」することである。教育は一種の負荷である。かける以上は無意味であってはならない。勉強することの本質を鋭くついた画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学習者への言葉(勉強を始め、続けるのに必要なもの
  • 勉強は初めが一番つらい ほか)
  • 第2章 指導者・出題者への言葉(全体像を把握させる
  • 「遠近法」を使ったカリキュラム構成 ほか)
  • 第3章 親御への言葉(親子のあり方を考えよう
  • 子育てのすべては手探りの世界 ほか)
  • 第4章 一般の人々への言葉(責任はすべての人に
  • もてあそばれる英語教育談義 ほか)
  • 第5章 再びすべての人々へ(誰も何も教えていない
  • 語学は無間地獄か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キミは何のために勉強するのか : 試験勉強という名の知的冒険 2
著作者等 富田 一彦
書名ヨミ キミ ワ ナンノ タメ ニ ベンキョウ スル ノカ : シケン ベンキョウ ト イウ ナ ノ チテキ ボウケン
書名別名 Kimi wa nanno tame ni benkyo suru noka
出版元 大和書房
刊行年月 2012.8
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-479-19052-3
NCID BB0998859X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想