ラカン、すべてに抗って

エリザベート・ルディネスコ 著 ; 信友建志 訳

文明に対するペスト、時代への美しき抵抗としての「精神分析」。『ジャック・ラカン伝』の著者が、新たな資料とともに描き出す精神分析家・ラカンの素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三十年後
  • ヴィーンからパリへ
  • 子どもから鏡へ
  • 作りなおされる主体
  • 家族への愛憎
  • マグリートの愛
  • 史料
  • パロール、声
  • 「セミネール」の諸断片
  • 愛、女
  • 1966年、『エクリ』
  • モノ、ペスト
  • 場所、書物、対象
  • アンティゴネー
  • カントをサドとともに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラカン、すべてに抗って
著作者等 Roudinesco, Elisabeth
信友 建志
Roudinesco 'Elisabeth
ルディネスコ エリザベート
書名ヨミ ラカン スベテ ニ アラガッテ
書名別名 LACAN,ENVERS ET CONTRE TOUT

Rakan subete ni aragatte
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.7
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-24594-2
NCID BB09821517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想