コットンをめぐる世界の旅 : 綿と人類の温かな関係、冷酷なグローバル経済

エリック・オルセナ 著 ; 吉田恒雄 訳

フランスを代表する作家であり経済学者である著者は、コットンをめぐる世界の旅をつづけた…。訪ね行く世界各地から見えてきたものは、数千年にわたるコットンと人間の温かで豊かな関係であったが、現在、それを無残に打ち壊しているグローバル経済の冷酷な現実でもあった。本書は、15ヵ国で翻訳刊行された世界的ベストセラーであり、「フランス経済書大賞」を受賞した、世界が注目する一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マリ-織る、しゃべる、民営化する
  • 2 アメリカ合衆国-ロビーに栄光あれ!
  • 3 ブラジル-未来農園
  • 4 エジプト-やわらかさについて
  • 5 ウズベキスタン-雪からの贈り物
  • 6 中国-共産主義のキャピタリズム
  • 7 フランス-最前線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コットンをめぐる世界の旅 : 綿と人類の温かな関係、冷酷なグローバル経済
著作者等 Orsenna, Erik
吉田 恒雄
オルセナ エリック
書名ヨミ コットン オ メグル セカイ ノ タビ : メン ト ジンルイ ノ アタタカ ナ カンケイ レイコク ナ グローバル ケイザイ
書名別名 Voyage aux pays du coton

Kotton o meguru sekai no tabi
出版元 作品社
刊行年月 2012.7
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-397-8
NCID BB09939040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想