宿業の思想を超えて : 吉本隆明の親鸞

芹沢俊介 著

追悼吉本隆明-吉本隆明は現代の親鸞である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 吉本隆明の死(吉本さんとの縁
  • 戦後の呼んだ奇蹟-吉本隆明は、これからの時代を拓く不可欠な存在として、現代の親鸞になった
  • 吉本隆明の"ひきこもれ"
  • 日常営む大衆の一人-私と吉本隆明さん
  • 何があろうと一人で立つ-時代が呼んだ奇跡の思想家
  • 現代の親鸞-大衆の救い、一人考える)
  • 2 宿業の思想(吉本隆明の仕事・人間について
  • 吉本隆明「存在倫理」をめぐって
  • 造悪論のこと-吉本隆明「存在倫理」の理解に向けて
  • 普遍悪の概念をめぐって-親鸞と吉本隆明)
  • 3 自己表出・指示表出(関係論として読む-『言語にとって美とはなにか』をどう読むか
  • 自己表出・指示表出、そしてイノセンスの表出
  • 物象について
  • "意味の影の流れ"について
  • 傷としての記憶)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宿業の思想を超えて : 吉本隆明の親鸞
著作者等 芹沢 俊介
書名ヨミ シュクゴウ ノ シソウ オ コエテ : ヨシモト タカアキ ノ シンラン
シリーズ名 サイコ・クリティーク 18
出版元 批評社
刊行年月 2012.7
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8265-0564-2
NCID BB09746488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想