名金 : 世界的大活劇

北島俊碩 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 嶄新奇拔な探偵小説 金の破片 / 1
  • 二 大秘密を裏む蘿甸語 是非讓つてくれ / 8
  • 三 鏡に寫つた奇怪な顏 是は僞金た / 12
  • 四 呀と驚き叫んだも道理 今日より忠僕に / 16
  • 五 無慘敵の陷穽に罹る 名金を奪はれた / 22
  • 六 焦熱地極の大砂漠 活きた死骸 / 27
  • 七 俺はお前に惚た 砂漠の戀 / 31
  • 八 陋劣なるサツチオー伯爵 償金の山分 / 38
  • 九 國王に名金を捧ぐ 再びキチーの手に / 43
  • 十 惡漢アバツチ 首尾好く奪つた / 49
  • 一一 魔睡藥入の卷煙莨 虫けら同然だ / 56
  • 一二 不意の乘込む 國王へ密書 / 60
  • 一三 我が歌ひの神は キチーに感謝せよ / 66
  • 一四 電氣仕掛のボタン 四つのピストル / 71
  • 一五 名金は誰の手に落たか 昨日の敵今の味方 / 77
  • 一六 奇怪なる旅藝人 ああ苦心も水泡に歸す / 82
  • 一七 牢獄に咲く花 熱い接吻 / 88
  • 一八 今日より國賓の待遇 ロロー脱獄す / 93
  • 一九 キチーを救ふは汝の責任也 空電が發せられた / 98
  • 二〇 毛布から兩個の手が出た 襲撃だ逃走 / 102
  • 二一 自働車から列車へ飛乘る 危險なる輕業 / 105
  • 二二 敵馬を奪つて國境へ逃る ああ重圍に陷る / 110
  • 二三 女軍使敵の重圍を破る 捕虜か戰死か / 115
  • 二四 ロロー生死不明となる 神よ遵り給へ / 120
  • 二五 秘密の地下室 怪しき骸骨 / 125
  • 二六 捕虜となりて牢獄へ 悲憤の涙 / 132
  • 二七 懷中鏡の寫眞 接吻の意味は / 135
  • 二八 賊と賊の衝突 銃聲一發 / 142
  • 二九 名金と命の輕重 死が望みなら / 146
  • 三〇 唯の死刑では面白くない 死の魔の握手 / 152
  • 三一 快漢猛牛と鬪ふ 壯絶快絶の極 / 157
  • 三二 此戀を叶へてくれぬか 無論斷ります / 163
  • 三三 地下室の大格鬪 サテハ僞金か / 168
  • 三四 戰蹟記念のロツキー山 アバツチの失敗 / 174
  • 三五 惡戰苦鬪遂に敗北 觀降使來る / 180
  • 三六 奇計濡鼠の敵軍 水攻の勝利 / 184
  • 三七 城壁の壤れ目の密書 樹上の敵樹下の敵 / 191
  • 三八 水攻め返禮如の斯 罠に罹つた獲物 / 197
  • 三九 慘忍なる微笑に意味深し 土産の三品 / 203
  • 四〇 長方形のヅツク包二個 ザンブと水煙 / 206

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 名金 : 世界的大活劇
著作者等 北島 俊碩
書名ヨミ メイキン : セカイテキ ダイカツゲキ
出版元 春江堂書店
刊行年月 大正5
ページ数 210p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42013606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想