江戸の茶碗 : まっくら長屋騒動記

中島要 著

まっくら店と馬鹿にされる貧乏長屋に住むお初と、兄の太吉。浅草で小間物屋を営んでいた両親が騙されて店を失い、悲嘆に暮れて亡くなったのは二年前のこと。残された兄妹は「必ず店を買い戻そう」と固く誓いあっていた。ひょんなことから太吉は、名品"井戸の茶碗"を入手する。だが、二十両の有り金をはたいたその茶道具は、真っ赤な贋物だった。弱り果てた兄妹に声をかけたのは隣に住む浪人、赤目勘兵衛。我楽多茶碗を誰かに売ってやるという。日がな一日酒びたりの勘兵衛にどんな策が!?貧乏比べじゃ人後に落ちない住人ばかり。取り得は店賃の安さだけ。芝神明の長屋を舞台に描く新世代の人情時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の茶碗 : まっくら長屋騒動記
著作者等 中島 要
書名ヨミ エド ノ チャワン : マックラ ナガヤ ソウドウキ
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.7
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-396-63392-9
NCID BB11128153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
いじっぱり 中島 要
嫁入り問答 中島 要
寝小便小僧 中島 要
江戸の茶碗 中島 要
男と女の間 中島 要
真眼 中島 要
遺言 中島 要
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想