うつぼ舟  4 (世阿弥の恋)

梅原猛 著

哲学者・梅原猛が、世阿弥の恋の能で、「日本中世の闇」を解き明かす。世阿弥は能で何を語ったか。作品に秘められたその心に入る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 恋(「井筒」その1-中世注釈書の世界
  • 「井筒」その2-水鏡の女 ほか)
  • 2 狂(「丹後物狂」-男物狂いと世阿弥
  • 「花月」-鴬飼うこと ほか)
  • 3 闇(「蝉丸」-三つの悲劇
  • 「景清」-父娘対面と幻の「武勇譚」 ほか)
  • 4 老(「山姥」-霊の女から畏怖する自然へ
  • 「関寺小町」-"狂"が走る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつぼ舟
著作者等 梅原 猛
書名ヨミ ウツボブネ
巻冊次 4 (世阿弥の恋)
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.7
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-621194-1
NCID BB09908739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想