The eyes : 眼の収斂進化

堀内二彦 著

「カンブリア爆発」で今日見られる多くの生物が爆発的に増えた。それぞれの種は多様な適応戦略を見せ、まったく別の進化を遂げてきた。「眼」もそれぞれの種が特有な視機能を獲得し現在に至っている。しかし、異なった系統の異なった進化を遂げた「眼」も高い類似性や相似性を有する。これが「眼の収斂進化」だ。動物たちの「眼の多様性と収斂進化」に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 両生類の眼
  • カエルの眼
  • 爬虫類の眼
  • 第三の眼
  • カメレオンの眼
  • 第四の眼
  • 単眼症
  • ヘビの眼
  • トカゲモドキの眼
  • ワニの眼〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 The eyes : 眼の収斂進化
著作者等 堀内 二彦
書名ヨミ ジ アイズ : メ ノ シュウレン シンカ
出版元 創英社/三省堂書店
刊行年月 2012.7
ページ数 270p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88142-546-6
NCID BB09911234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想