日本の仏教を築いた名僧たち

山折哲雄, 大角修 編著

日本に密教を伝えた弘法大師・空海、弥陀の信仰に生きた親鸞、生活そのものが仏道だと説いた道元-。釈迦の教えを実践し、真理を求めつづけた名僧たちは、何を伝えたのか。日本人の思想や倫理観にまで、大きな影響を及ぼした日本仏教の宗祖8人をはじめ、時代を代表する58人の名僧たちをコンパクトに紹介。その生涯と教え、代表的な著作から、日本の仏教を一望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飛鳥・奈良時代-鎮護国家の仏法(国家仏教の伝来
  • 飛鳥・奈良時代の人物と僧)
  • 第2章 平安時代-密教と法華・浄土信仰の広まり(平安時代の仏教
  • 平安時代の僧)
  • 第3章 鎌倉時代-宗祖の多くが誕生した頃(鎌倉時代の仏教
  • 鎌倉時代の僧)
  • 第4章 室町・安土桃山時代-神仏の中世から近世へ(室町・安土桃山時代の仏教
  • 室町・安土桃山時代の僧)
  • 第5章 江戸時代以降-寺と檀家の仏教(江戸・明治時代以降の仏教
  • 江戸時代の僧
  • 近代日本の仏教者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の仏教を築いた名僧たち
著作者等 大角 修
山折 哲雄
書名ヨミ ニホン ノ ブッキョウ オ キズイタ メイソウタチ
書名別名 Nihon no bukkyo o kizuita meisotachi
シリーズ名 角川選書 510
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.7
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703510-2
NCID BB09741429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想