化学・生物兵器の歴史

エドワード・M・スピアーズ 著 ; 上原ゆうこ 訳

化学・生物戦の卑劣、残虐なイメージは、コナン・ドイル、レマルク、ロバート・グレイヴズの作品や、国家間のプロパガンダ合戦によって増幅され、人々の心に根付いた。結果、積年の恐怖は恐怖を呼び、2003年のイラク侵攻を正当化する理由ともなったのである。硫黄の煙が使われたペロポネソス戦争から、二度の世界大戦での大規模なガス戦、イラクの化学戦プログラム、地下鉄サリン事件、炭疽菌郵送事件まで、毒物攻撃をめぐり、その使用と研究開発の過程,社会的影響を詳述。客観的事実を浮き彫りにし、兵器の抑止およびテロ対策の未来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 化学・生物兵器とは
  • 第1章 第一次世界大戦のガス戦が残したもの
  • 第2章 抑止と軍縮-化学・生物戦への対応 一九一九年から一九九三年
  • 第3章 第三世界での紛争における化学戦
  • 第4章 化学・生物兵器の拡散
  • 第5章 イラクの化学・生物戦プログラム
  • 第6章 化学・生物テロ
  • 終章 進化する化学・生物戦
  • 解説 ポスト冷戦期の生物・化学兵器の諸相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学・生物兵器の歴史
著作者等 Spiers, Edward M
上原 ゆうこ
スピアーズ エドワード・M.
書名ヨミ カガク セイブツ ヘイキ ノ レキシ
書名別名 A HISTORY OF CHEMICAL AND BIOLOGICAL WEAPONS
出版元 東洋書林
刊行年月 2012.7
ページ数 260,42p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88721-802-4
NCID BB09914367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22113196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想