戦後史の正体 : 1945-2012

孫崎享 著

元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ「高校生でも読める」戦後史の本を書くのか
  • 第1章 「終戦」から占領へ
  • 第2章 冷戦の始まり
  • 第3章 講和条約と日米安保条約
  • 第4章 保守合同と安保改定
  • 第5章 自民党と経済成長の時代
  • 第6章 冷戦終結と米国の変容
  • 第7章 9・11とイラク戦争後の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後史の正体 : 1945-2012
著作者等 孫崎 享
書名ヨミ センゴシ ノ ショウタイ : センキュウヒャクヨンジュウゴ ニセンジュウニ
シリーズ名 「戦後再発見」双書 1
出版元 創元社
刊行年月 2012.8
ページ数 386p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-422-30051-1
NCID BB0976723X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22119377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想