山本美保さん失踪事件の謎を追う : 拉致問題の闇

荒木和博 著

1984年6月、山梨県甲府市から1人の女性が忽然と姿を消した。山本美保さん、当時20歳。消息不明のまま18年が過ぎた頃、北朝鮮による拉致の疑いが浮上、著者の荒木氏が代表をつとめる特定失踪者問題調査会は、拉致の可能性が高いと判断した。真相解明の日も近いと思われた2004年3月、山梨県警から唐突な発表があった。DNA鑑定の結果、美保さんの失踪後まもなく山形県の海岸で発見された身元不明遺体が美保さんであると判明したというのだ。しかしその後、奇怪なことがわかる。家族に示された遺留品の数々は、その遺体が美保さんではないことを物語っていたのだ。いったい誰が、何のために矛盾だらけの"死亡"宣告を演出したのか-。拉致問題の闇に分け入った衝撃的な記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • DNA鑑定の向こうにある闇
  • 1 失踪-1984年6月4日‐1988年
  • 2 九・一七-2002年9月17日‐2003年5月
  • 3 シンボル-2003年5月‐2004年初め
  • 4 "死亡"宣告-2004年3月4日‐3月17日
  • 5 DNA鑑定-2004年4月7日‐2009年6月
  • 6 隠蔽-2005年10月26日‐2012年6月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山本美保さん失踪事件の謎を追う : 拉致問題の闇
著作者等 荒木 和博
書名ヨミ ヤマモト ミホ サン シッソウ ジケン ノ ナゾ オ オウ : ラチ モンダイ ノ ヤミ
出版元 草思社
刊行年月 2012.7
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7942-1912-1
NCID BB10474319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22110493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想