専守防衛克服の戦略 : 日本の安全保障をどう捉えるか

樋渡由美 著

日本の政治過程を丹念にひも解くことにより、専守防衛という安全保障の一九五五年体制からの脱却は可能かを探る。国民の安全と背反する安保政策は必要なのか。これまで語られてこなかった日本政治と軍事の関係に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の安全保障政策の問題
  • 第1章 専守防衛
  • 第2章 戦略
  • 第3章 同盟
  • 第4章 防衛予算と国内政治改革
  • 第5章 政治と軍事
  • 終章 戦略にもとづいた安全保障政策への転換

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 専守防衛克服の戦略 : 日本の安全保障をどう捉えるか
著作者等 樋渡 由美
書名ヨミ センシュ ボウエイ コクフク ノ センリャク : ニホン ノ アンゼン ホショウ オ ドウ トラエルカ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.7
ページ数 316,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06333-8
NCID BB09698374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想