唯識論講義  下

安田理深 著 ; 本多弘之 編

西洋近代哲学をも視野に入れつつ、実存的・求道的な問題意識から、唯識思想の本質を解明しようとする、安田理深師の最晩年の講義録。迫真の言葉に満ちた名講義を再現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 修多羅とアビダルマ
  • 唯識論の背景としての『摂大乗論』-浄土への道
  • 国土を求めるということ-宗教的要求
  • 浄土への道-五念門
  • 「如実修行」-奢摩他と毘婆舎那の正依と所住
  • 大菩提心に住する学び
  • インド語と漢語での表現の仕方の特質
  • 帰敬頌にある三宝
  • 「唯識性そのもの」は言葉ではない
  • 仏教学と仏教教学(仏になるための学び)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唯識論講義
著作者等 安田 理深
本多 弘之
書名ヨミ ユイシキロン コウギ
シリーズ名 唯識三十論頌
巻冊次
出版元 春秋社
刊行年月 2012.7
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-393-16611-6
NCID BB09815977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想