動物的/人間的  1 (社会の起原)

大澤真幸 著

人間とは何か。人間の"社会"が、動物の「社会」と異なるのはどこか?哲学・進化論生物学・動物行動学・霊長類学・自然人類学などの知見と切り結び、人間の本質に迫る、渾身の力作。大澤社会学の最新の主著、待望の第1巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生成状態の人間(知の究極の主題
  • 「人間とは…」
  • 経験科学の知見
  • サルの解剖の鍵としての人間の解剖
  • ハイデガーのトカゲ
  • 問いの構造)
  • 第2章 原的な否定性(原的な否定性
  • 最初の人間に対する神の警告
  • チンパンジーの言語習得?
  • 名前の謎
  • 社会の起源という問い)
  • 第3章 動物の社会性(利己的な動物個体
  • 種の論理
  • 包括適応度
  • 遺伝子の利己性
  • 動物の本源的な「社会性」
  • 固体と社会
  • 思想のもう一つの戦場)
  • 第4章 "社会"の起原へ(人間的な社会性
  • 理不尽な生存
  • 「秩序の連続的破壊」としての秩序
  • 仰向けに寝る赤ちゃん
  • 鏡の中の自己=他者
  • 小活)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物的/人間的
著作者等 大沢 真幸
大澤 真幸
書名ヨミ ドウブツテキ ニンゲンテキ
書名別名 Dobutsuteki ningenteki
シリーズ名 現代社会学ライブラリー 1
巻冊次 1 (社会の起原)
出版元 弘文堂
刊行年月 2012.7
ページ数 146p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-335-50121-0
NCID BB09847317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想