社会学をいかに学ぶか

舩橋晴俊 著

講義ノート/読書ノート/発見・発想ノートの作り方から、よい論文の書き方まで、豊富な経験に裏打ちされた手法を伝授。社会学の基礎や思考法が、驚くほどよく理解できる。学問の入口で、まず読んでおきたい1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学問的ヒットを打つために
  • 社会学の牽引力と社会学的想像力
  • 環境社会学-新幹線公害の事例から
  • 組織社会学
  • 社会計画論
  • 日本社会の特徴-森有正の示唆
  • 中範囲の社会学理論
  • ヴェーバーの方法論と合理性への視点
  • マルクスと物象化論
  • どのように社会調査をおこなったらよいか
  • 卒業論文と大学院進学
  • 教える側から見た社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学をいかに学ぶか
著作者等 船橋 晴俊
書名ヨミ シャカイガク オ イカニ マナブカ
書名別名 Shakaigaku o ikani manabuka
シリーズ名 現代社会学ライブラリー 2
出版元 弘文堂
刊行年月 2012.7
ページ数 158p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-335-50123-4
NCID BB09847339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想