共に生きる : 多民族・多文化社会における対話

塩原良和 著

「いかに生きるか」という課題に、どう向き合えばいいのか?異なる文化を生きてきた他者に出会い、共に生きる。そういう社会に、わたしたちは暮らしている。従来の「多文化主義」を乗り越え、対話と協働による新しい「共生」を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高度近代における自己と他者
  • 多民族・多文化社会としての日本
  • 日本人というマジョリティ
  • マイノリティと差異
  • 多文化主義の台頭とその批判
  • 公定多文化主義-統合と管理の論理
  • ネオリベラル多文化主義-選別と排除の論理
  • 「流される」不安とグローバルなリアリティ
  • 「やむを得ない措置」という陥穽
  • 支援する根拠について
  • コスモポリタン他文化主義-「変わりあい」としての共生
  • 怒りと対話について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共に生きる : 多民族・多文化社会における対話
著作者等 塩原 良和
書名ヨミ トモ ニ イキル : タミンゾク タブンカ シャカイ ニ オケル タイワ
シリーズ名 現代社会学ライブラリー 3
出版元 弘文堂
刊行年月 2012.7
ページ数 165p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-335-50124-1
NCID BB09789345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想