若き日の変転

カロッサ 作 ; 斎藤栄治 訳

『幼年時代』に続くカロッサの自伝的小説。9歳頃から18歳頃までのギムナージウム時代が描かれる。主人公は親元を離れ、学校生活をはじめる。若い魂をかすめる一抹のかげり、思いがけずその上に投じられる一瞬の陽光。そうした微妙な明暗の交錯するなか、不安を隠し、戦慄を抑えながら驚きの目を見張る少年がたどる幾変転。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若き日の変転
著作者等 Carossa, Hans
斎藤 栄治
Carossa
カロッサ
書名ヨミ ワカキ ヒ ノ ヘンテン
書名別名 VERWANDLUNGEN EINER JUGEND

Wakaki hi no henten
シリーズ名 岩波文庫 32-436-4
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
版表示 改版.
ページ数 329p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-324364-0
NCID BB09705152
BN0104705X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22130792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想