緑の死線で抱かれて  下

スーザン・ブロックマン 著 ; 阿尾正子 訳

爆弾テロで死んだ女性は、ジーナのパスポートを持っていたが、ジーナではなかった。しかし、ジーナがハンブルクにいたのは確かだった。彼女の行方を探すマックスは、彼女が友人の女性モリー・アンダーソンと行動を共にしており、二人とも何者かに誘拐されたらしいことを突き止める。そんな折、マックスの前にあらわれたのは、かつてモリーと恋仲だった闇商人のデイヴィッド・ジョーンズ。ジョーンズによれば、ジーナたちはインドネシアに連れ去られたという。マックスとジョーンズ、そしてマックスの部下ジュールズは、急遽インドネシアに飛んだ!-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑の死線で抱かれて
著作者等 Brockmann, Suzanne
阿尾 正子
ブロックマン スーザン
書名ヨミ ミドリ ノ シセン デ ダカレテ
書名別名 BREAKING POINT
シリーズ名 ヴィレッジブックス F-フ5-15
巻冊次
出版元 ヴィレッジブックス
刊行年月 2012.7
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86332-392-6
全国書誌番号
22135663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想