農業の常識は、自然界の非常識 : 雑草で畑を生命育む森にする

高橋丈夫 著

本物の「食」と日本の「農」の未来を考えつづけた百姓の主張のすべて。「生命農法」の転機と全面無肥料・無農薬の実践。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 有機農法は化学農法以下か!?
  • 第1章 非常識な百姓と呼ばれて-こだわりの「生命農法」
  • 第2章 土に肥料はいらない-「無肥料・無農薬」への挑戦1
  • 第3章 微生物にゆだねる-「無肥料・無農薬」への挑戦2
  • 第4章 目覚めよ、遺伝子パワー-「無肥料・無農薬」への挑戦3
  • 第5章 「無肥料・無農薬」は可能だ!
  • 補遺 3・11以降、生命と農業のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農業の常識は、自然界の非常識 : 雑草で畑を生命育む森にする
著作者等 高橋 丈夫
書名ヨミ ノウギョウ ノ ジョウシキ ワ シゼンカイ ノ ヒジョウシキ : ザッソウ デ ハタケ オ イノチ ハグクム モリ ニ スル
書名別名 Nogyo no joshiki wa shizenkai no hijoshiki
出版元 三五館
刊行年月 2012.8
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88320-564-6
NCID BB10075528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想