日本掠奪 : 知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態

鳴霞 著

石原慎太郎東京都知事が「東京が守る」と宣言した尖閣諸島。このわが国の領海を「核心的国家利益」と位置づける中国が描く奪取のシナリオとは。そして次に中国が狙うものは。その実態を知るほどに襲う恐怖と怒り。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動き始めている資源と沖縄侵略作戦(中国マネーが日本国土を買い漁り、棄民が日本を占拠する
  • 沖縄に中国の民が棄てられる ほか)
  • 第2章 尖閣諸島をめぐる攻防(尖閣諸島が日本である歴史的事実
  • 中国も日本領と認めていた尖閣諸島 ほか)
  • 第3章 中国の非常識な実態(中国共産党と人民解放軍とは何か
  • 踏みにじられるチベットの自然と心 ほか)
  • 第4章 中国軍と共産党の裏事情(軍事的意味だけでない空母の存在
  • 兵士の給与を大幅増額した中国軍 ほか)
  • 第5章 中国軍幹部の危険な本音(血書を書いて日本攻撃を叫ぶ将官
  • 「超限戦」という名の国家総力戦 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本掠奪 : 知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態
著作者等 鳴 霞
書名ヨミ ニホン リャクダツ : シッタラ コワクナル チュウゴク セイフ ト ジンミン カイホウグン ノ ジッタイ
書名別名 Nihon ryakudatsu
出版元 星雲社
桜の花
刊行年月 2012.7
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16903-8
NCID BB10485315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想