「文春」に未来はあるのか : 創業者・菊池寛の霊言

大川隆法 著

偏見と妄想に満ちた捏造記事。財務省とマスコミが交わした密約。これが、週刊誌ジャーナリズムの実態だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「文春」の"御本尊"菊池寛を招霊する
  • 2 週刊誌の風潮に対する見解
  • 3 文藝春秋社を指導しているのか
  • 4 「週刊誌の未来」について
  • 5 徐々に「本性」を現す菊池寛
  • 6 「種村修」の人物像
  • 7 財務省との「密約」の真相
  • 8 菊池寛の「過去世」と「現在の境遇」
  • 9 菊池寛との対話を終えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「文春」に未来はあるのか : 創業者・菊池寛の霊言
著作者等 大川 隆法
書名ヨミ ブンシュン ニ ミライ ワ アル ノカ : ソウギョウシャ キクチ カン ノ レイゲン
書名別名 Bunshun ni mirai wa aru noka
シリーズ名 OR BOOKS
出版元 幸福の科学
刊行年月 2012.7
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86395-217-1
全国書誌番号
22114628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想