イカロスの夢 : 民話と伝説

ジャン=コーム・ノゲス 文 ; イポリット 絵 ; こだましおり 訳

太陽は天頂に達した。イカロスは大胆な羽ばたきで父親の頭上にあがった。王の息子が闘いの相手にもしないほど侮辱した奴隷の子は、この瞬間、神々の領域に達しようとしていた。彼の望みは下界ではことごとく暗礁に乗りあげたが、ここでは遂げることができるのだ。多すぎる夢をもったイカロスは栄光の絶頂にあった。もっと高く、もっと高く、とイカロスは思った。目は輝きに満ちていた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イカロスの夢 : 民話と伝説
著作者等 Hippolyte
Noguès, Jean-Côme
児玉 しおり
Nogu`es Jean‐C^ome
こだま しおり
イポリット
ノゲス ジャン=コーム
書名ヨミ イカロス ノ ユメ : ミンワ ト デンセツ
書名別名 LE REVE D'ICARE
シリーズ名 愛蔵版世界の名作絵本2
出版元 小峰書店
刊行年月 2012.7
版表示 愛蔵版
ページ数 51p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-338-26006-0
NCID BB14738321
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想