GISロジット商圏モデルと立地論・業態論・商圏論 = AGGREGATE LOGIT MODEL OF STORE CHOICE ON GIS and relevant arguments over retail location theories

長塚四史郎 著

店舗選択行動をする消費者は、Huffが言ったように定数効用モデルに従うコイントス人間にすぎないのか、それとも効用最大化選択をする合理的人間なのか、両者に区別はない、というのが長年の定説だったが、2000年度ノーベル経済学賞受賞理論であるD.McFaddenの確率選択理論を、GIS上で平均人に適用する集計型確率選択モデルを用いると、消費者はまさに目的合理的に店舗選択していることが実証的に明らかとなった。これにより商業立地問題・商圏問題を科学的に解析し、予測する道が開けた。"目的"の理解には"店舗とは何か"という問題の解決も含まれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 商業立地論の諸問題
  • 第2章 業態論と業態盛衰論と小売競争の諸問題
  • 第3章 ハフモデルと定数効用モデルの再検討
  • 第4章 定数効用モデルとランダム効用モデルとその基本的な特性
  • 第5章 店舗選択問題への個人ロジットモデルの応用例
  • 第6章 集計型ロジットモデルとGIS環境下での商圏モデル
  • 第7章 GIS集計型ロジット商圏モデルの具体的構築と実証検証-GMS選択の場合
  • 第8章 食品商圏解析の概念と方法と空間消費吸収率の諸関係-GMSの食品商圏およびスーパーの商圏
  • 第9章 人工的中心地の商圏の内部構造と小売空間競争の特徴
  • 第10章 消費者の合理性と自然的思考と選択理論の関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 GISロジット商圏モデルと立地論・業態論・商圏論 = AGGREGATE LOGIT MODEL OF STORE CHOICE ON GIS and relevant arguments over retail location theories
著作者等 長塚 四史郎
書名ヨミ ジーアイエス ロジット ショウケン モデル ト リッチロン ギョウタイロン ショウケンロン
書名別名 AGGREGATE LOGIT MODEL OF STORE CHOICE ON GIS and relevant arguments over retail location theories
出版元 開文社
刊行年月 2012.7
ページ数 226p 図版12p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87571-875-8
NCID BB09884233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想